FC2ブログ
Loading…

12月21日の誕生日カクテル

Posted by 酒神の人 on 21.2014 12月の誕生日カクテル   0 comments
12月21日の誕生日カクテル

『エレクトリックジントニック』

特徴:自分の長所を活かし称賛を浴びるお姫様


141221エレクトリックジントニック


カクテルタイプ:ロング

グラス:タンブラー

テイスト:中甘ざっぱり

アルコール度数:約10%

製法:ビルド



レシピ
・ドライジン         30ml

・ブルーキュラソー    15ml

・レモン果汁        15ml

・トニックウォーター    Full up




今夜の『エレクトリックジントニック』は
スタンダードカクテル、「ジントニック」の
派生で色合いの鮮やかなカクテルです。

「ジントニック」は誰もが知っているだろう
定番のカクテルですが、こちらの
『エレクトリックジントニック』はご存じない方が
多いと思います。

恥ずかしながら私もご存じなかったです。

検索にかけても、持っているカクテルの
本で調べても全くレシピが出てこなかったので
上記してあるものは画像の色合いと
美味しく飲めるであろうレシピを
想像した創作です。

レシピを知ってらっしゃる、知った方は
ぜひコメントしていただけるとありがたいです。

私も知れたら記事を更新させていただきます。

上記させていただいたレシピですと、
カクテルの色合いと合わせるためにも
ジンはボトルの美しい青色が特徴的で
柑橘系の香りのある「ボンベイ・サファイア・ジン」を
使い、その香りを引き立たせるため、
「ジントニック」と違いライムではなく、レモン果汁で
味を締めます。

色合いを持たせるのと、香りを引き立たせる
柑橘系リキュールである「ブルーキュラソー」、
名前に入ってしまっているのもありますが
、「トニックウォーター」で爽やかさと
少しの苦味をプラスしました。

青色だから「ブルーキュラソー」というのは
単純すぎるため、青色でトロピカルフルーツの
リキュールである「ヒプノティック」を使い、
女性向けの甘爽やかな味わいにするか、
グレープフルーツのリキュールである「ラズール」を
使い甘味は少し抑え、よりさっぱりとした
印象に仕上げるのも有りかと思います。

この記事を見て下さった方でこの
『エレクトリックジントニック』のレシピのわかる方、
ぜひご連絡、コメントよろしくお願いします。











いつも頑張っている自分へプチ贅沢な贈り物。。。


■ボンベイ・サファイア 40度 750ml

■ボルス ブルーキュラソー 21度 700ml

■明治屋 マイレモン 720ml

■シュウェップス トニックウォーター 瓶 250ml

■ヒプノティック トロピカルフルーツリキュール 750ml 17度

■ラズール グレープフルーツ リキュール 17度 700ml




ブログランキング参加いたしました。
ぜひポチっとしてくださいませ。

12月20日の誕生日カクテル

Posted by 酒神の人 on 20.2014 12月の誕生日カクテル   0 comments
12月20日の誕生日カクテル

『シャンボールアンドシャンパーニュ』

特徴:目標に向かって頑張る発想力豊かな情熱家


141220シャンボールアンドシャンパーニュ



カクテルタイプ:ロング

グラス:フルート型シャンパングラス

テイスト:甘口

アルコール度数:約16%

製法:ビルド




レシピ
・シャンボール     20ml

・シャンパン      full up




今夜の『シャンボールアンドシャンパーニュ』は
ラズベリーやカシスなどの果実とバニラ、
蜂蜜、スパイスから造られる濃厚なリキュールを
ベースに作られる華やかなカクテルです。

こちらのカクテル、別の名前を
『シャンボールロワイヤル』と言います。

「キールロワイヤル」という名前のカクテルは
知ってらっしゃる方もいると思いますが、
高品質で華やかなスパークリングワインの
代名詞と言われるシャンパーニュを使うため、
「王室」を意味する「ロワイヤル」が使われるの
でしょうね。

ワイン、スパークリングワインを
飲みなれていない方でも、こちらのカクテルなら
ラズベリーの甘味と酸味がドライな印象を
緩和させてくれるため、すいすい飲めてしまいます。

逆に飲みなれてる方にはせっかくの
シャンパーニュの味と香りがもったいない!!
と思われてしまうかもしれないですね。

万人が美味しく飲むための工夫の
ひとつとしてお考えいただければ
幸いです。

色合いも美しいカクテルなので、
素敵な雰囲気を作った中で、
大切な女性に飲んでいただきたいカクテルです。











いつも頑張っている自分へプチ贅沢な贈り物。。。


■シャンボール リキュール 16度 750ml

■シャンパーニュ ミッシェル ジャック ブリュット 750ml





ブログランキング参加いたしました。
ぜひポチっとしてくださいませ。

12月19日の誕生日カクテル

Posted by 酒神の人 on 19.2014 12月の誕生日カクテル   0 comments
12月19日の誕生日カクテル

『モスコーミュール』

特徴:純粋で繊細な心の天使


141219モスコーミュール



カクテルタイプ:ロング

グラス:銅製マグカップまたはタンブラー

テイスト:中辛口

アルコール度数:約15%

製法:ビルド



レシピ
・ウォッカ          45ml

・ライム果汁        15ml

・ジンジャーエール    Full up



今夜の『モスコーミュール』はロシアの
言葉で「頑固者」や「強情者」を意味する
「ミュール(ラバ)」と「モスクワの」を意味する
「モスコー」が合わさったネーミングの
有名なカクテルです。

1940年代初頭、ハリウッドの「ジャック・モーガン」氏という
バーテンダーがイギリスのリキュールで、何か他の材料と
混ぜることを前提として造られている「ピムス NO.1」を
使ったカクテルのために大量に仕入れたジンジャービアの
在庫を処分するために考案したとされている説と、
1946年にスミノフブランドのウォッカの販売促進のため、
スミノフを使った手軽に作れるカクテルを製造元の
「ヒューブライン社」が紹介したため広がったという説、
それら二つの説が合わさって、「ジャック・モーガン」氏と
「ヒューブライン社」が共同して作られたという説があります。

その中で、「ジャック・モーガン」氏の友人が
大量の銅製マグカップの在庫を抱えており、
その銅製マグカップで提供することを考えたため、
正式なレシピでは、銅製マグカップを使い、
ジンジャーエールでなく、ジンジャービアで
作ることが採用されています。

ジンジャーエールとジンジャービア、
名前以外に何が違うのと言いますと、
そもそも「ジンジャービア」は、水、生姜、砂糖に
ドライイーストなどの酵母を加えて発酵させた
飲料のことで、日本では酒税法上、
アルコール度数1%未満のものを
お酒とみなしませんが、一応アルコール飲料です。

その中に炭酸が入っているのは発酵の過程で
発生した炭酸ガスなので、ビールや、
スパークリングワインと同じで炭酸水は使っていません。

そして「ジンジャーエール」ですが、こちらは元々
炭酸水に生姜の絞り汁などの生姜エキス、
砂糖、香料などを加え、カラメルなどで着色して作られました。

ベースから全く違う飲み物なわけです。

さらに現在コンビニやスーパーなどで見られる
「ジンジャーエール」には生姜エキスすら入っていない
ものがほとんどで、生姜の香料でジンジャーを
表現しています。

造られた当初の「ジンジャーエール」は
生姜の風味がかなり強かったそうですが、万人受けするのか
現在の「ジンジャーエール」は生姜風味すら感じにくい
炭酸甘味飲料ですね。

私自身も小学生の頃、ジンジャーエールの
「ジンジャー」が生姜だということを親から聞かされ
驚いた記憶があります。

最近ようやく、元々の生姜の香りがする
辛口と言われる「ジンジャーエール」の存在が
浸透し、ペットボトルでも売られるように
なりましたね。

最終的には好みなのですが、
まだ飲んだことのない方はぜひ一度
辛口の「ジンジャーエール」、または
「ジンジャービア」を使った『モスコーミュール』を
飲まれてはいかがでしょうか。

私の好みとしては、さっぱり飲みたいときは
ウォッカ、ライム果汁に辛口とノーマルの
「ジンジャーエール」を半量ずつ、
じっくり飲みたいときは「ジンジャービア」で
飲むことが多いです。

あくまでご自宅でノーマルの
ジンジャーエールしかないが辛口で
飲みたい!!というときは、チューブの
おろし生姜を入れてしまうのも
テクニックです。

意外とイケるのでこちらもぜひ
お試しください。










いつも頑張っている自分へプチ贅沢な贈り物。。。


■スミノフ ウォッカ NO.21 40度 750ml

■明治屋 マイライム 720ml

■天然生姜で作ったジンジャーエール 「46GINGER ALE」 ノーマル 200ml

■天然生姜で作ったジンジャーエール 「46GINGER ALE」 辛口 200ml

■フィーバーツリー ジンジャービア200ml






ブログランキング参加いたしました。
ぜひポチっとしてくださいませ。

12月18日の誕生日カクテル

Posted by 酒神の人 on 18.2014 12月の誕生日カクテル   0 comments
12月18日の誕生日カクテル

『グランマルニエモヒート』

特徴:人の心を高みに誘う美声の森の精霊


141218グランマルニエモヒート


カクテルタイプ:ロング

グラス:タンブラー

テイスト:中甘爽やか

アルコール度数:約9%

製法:ビルド




レシピ
・グランマルニエ・コルドンルージュ         30ml

・ライム果汁                        15ml

・炭酸水                           60ml

・シロップ                           10ml

・ミントの葉                         適量




今夜の『グランマルニエモヒート』は
1880年にフランスで誕生したオレンジリキュール、
「グランマルニエ・コルドンルージュ」が
ベースの「モヒート」スタイルのカクテルです。

ティラミスやババロアなどのデザート作りでも
使われるため「グランマルニエ」の名前を知っている
方も多いと思います。

これは5年以上熟成させた高級ブランデー
「コニャック」にカリブ海諸島産のビターオレンジの
蒸留エキス分を加え、オーク樽で熟成させて
作られるリキュールで、1912年氷山に衝突して
沈没してしまった有名な豪華客船、
「タイタニック号」でも飲まれていたようで、
引き上げられた船からもボトルが見つかっています。

「グランマルニエ」はオレンジの甘い香りと、
ベースとなっているコニャックの深いコクが特徴で、
これと「モヒート」の軽やかな風味とが相まって
大人な味わいのカクテルに仕上がっています。

12月10日から続きました、
この「モヒート」スタイル週間がやっと終わりました。。。

8日連続はさすがに長い!!
ネタがない!!でも同じことあんまり書きたくない!!
という苦悩の中、書かせていただきました。

スタート当初から思ってましたが、
誕生日カクテルということで、365日分あって
同じリキュールが何度も使ってたりすると
書いてあることが被ることあります。

自分の文章力不足を棚の向こうに放り投げて
申し訳ないですが、何卒同じこと書いてあっても
サラッとスルーしてくださるとありがたいです。

今夜は私も自分へプチ贅沢な贈り物をしてあげます。

この記事を書かせていただいている12月17日は
爆弾低気圧が日本中を襲っていますが、
皆様にも私にも「モヒート」のような爽やか日々が
また訪れますように。。。












いつも頑張っている自分へプチ贅沢な贈り物。。。


■グラン・マルニエ・コルドン・ルージュ 40度 700ml

■明治屋 マイライム 720ml

■サッポロ おいしい炭酸水 500ml×24本

■ドーバー カリブ<100%サトウキビ天然糖液> 700ml<100%サトウキビ天然糖液> 700ml

■家庭用 ハーブの水耕栽培キット 窓際族(窓辺でペパーミント)





ブログランキング参加いたしました。
ぜひポチっとしてくださいませ。

12月17日の誕生日カクテル

Posted by 酒神の人 on 17.2014 12月の誕生日カクテル   0 comments
12月17日の誕生日カクテル

『ラズールモヒート』

特徴:中間的な立場をとる保守的な人


141217ラズールモヒート



カクテルタイプ:ロング

グラス:タンブラー

テイスト:甘爽やか

アルコール度数:約7%

製法:ビルド




レシピ
・グレープフルーツリキュール・ラズール      30ml

・ライム果汁                        15ml

・炭酸水                           60ml

・シロップ                           10ml

・ミントの葉                         適量



今夜の『ラズールモヒート』は南フランスの
紺碧の海岸と言われる高級リゾート、「コートダジュール」
で造られるグレープフルーツリキュール、
「ラズール」がベースとなる甘酸っぱく
色も美しい爽やかなカクテルです。

「ラズール」はフランスを代表する名門コニャックメーカー
「ルイロワイエ社」のリキュール部門である
「ジュールブレマン社」で丁寧につくられ、
「L'AZOOL(ラズール)」という名は、
空と海を象徴するAZUR(青色)と、
COOL(クール)を合わせて生まれました。

上記しましたが、このリキュールが
造られている「コートダジュール」の
海岸は、、、

141217ラズールモヒート コートダジュール

こんなにも美しい青色をした海岸で、
海外のセレブもよく訪れるリゾート地です。

「ラズール」はこの青をイメージしており、



このような美しい青色で、
高級な香水ボトルのようなデザインを
しています。

カクテルの味わいは甘酸っぱいグレープフルーツと
ミントのスーッとする香りがマッチし、
飲み疲れてしまった喉を洗い流し、
気分をリセットさせてくれます。

暖房の効いた温かい部屋で
ゆったり飲むとリフレッシュできますね。











いつも頑張っている自分へプチ贅沢な贈り物。。。


■グレープフルーツリキュール ラズール 17度 750ml

■明治屋 マイライム 720ml

■サッポロ おいしい炭酸水 500ml×24本

■ドーバー カリブ<100%サトウキビ天然糖液> 700ml<100%サトウキビ天然糖液> 700ml

■家庭用 ハーブの水耕栽培キット 窓際族(窓辺でペパーミント)



ブログランキング参加いたしました。
ぜひポチっとしてくださいませ。

12月16日の誕生日カクテル

Posted by 酒神の人 on 16.2014 12月の誕生日カクテル   0 comments
12月16日の誕生日カクテル

『マンゴヤンモヒート』

特徴:娯楽を堪能できる情熱家


141216マンゴヤンモヒート



カクテルタイプ:ロング

グラス:タンブラー

テイスト:甘爽やか

アルコール度数:約7%

製法:ビルド




レシピ
・マンゴーリキュール・マンゴヤン    30ml

・ライム果汁                 15ml

・炭酸水                    60ml

・シロップ                    10ml

・ミントの葉                  適量


今夜の『マンゴヤンモヒート』は
カリブ産の高品質なラムを使い、
マンゴーの芳醇な香りと甘味を
閉じ込めたマンゴーリキュールが
ベースとなっている「モヒート」スタイルの
爽やかカクテルです。

元々がラムベースのカクテルである
「モヒート」なので、同じようにラムベースで
造られているリキュール、「マンゴヤン」は
相性もよいです。

「マンゴヤン」はマンゴーの濃厚な甘味に、
バニラの香料が混ぜられているため、
まるみのある香りも特徴となっています。

これがミントとスーッとする香りと合わさり、
爽やかさと濃厚な甘味の複雑な印象に
仕上げてくれます。

「モヒート」スタイルのカクテルを作るときの
流れを紹介したく、例としてサントリー様の
『マンゴヤンモヒート』のページを出させていただきますが、

①ライムとミント・砂糖をグラスに入れる。
②ペストルでつぶす。
③氷を入れ、マンゴヤンを注ぐ。
④ソーダでアップし、ミントを飾る。

と、なっています。。。が、
ミントの香りをよりうまく出すためには、
①のときに④で注ぐソーダを15mlほど
注ぎ、ソーダの中でミントと砂糖を
潰したほうが、香りがより立ちやすくなります。

簡単なことですのでぜひお試しください。

この「モヒート」スタイル週間、あと二日続きます。

正直書くこと減ってます、、、
が、なんとか書いてみようじゃないか‼











いつも頑張っている自分へプチ贅沢な贈り物。。。


■マンゴーリキュール・マンゴヤン 700ml 20度

■明治屋 マイライム 720ml

■サッポロ おいしい炭酸水 500ml×24本

■ドーバー カリブ<100%サトウキビ天然糖液> 700ml<100%サトウキビ天然糖液> 700ml

■家庭用 ハーブの水耕栽培キット 窓際族(窓辺でペパーミント)




ブログランキング参加いたしました。
ぜひポチっとしてくださいませ。

12月15日の誕生日カクテル

Posted by 酒神の人 on 15.2014 12月の誕生日カクテル   0 comments
12月15日の誕生日カクテル

『ミドリモヒート』

特徴:前向きに日々を暮らすしっかり者


141215ミドリモヒート新



カクテルタイプ:ロング

グラス:タンブラー

テイスト:甘爽やか

アルコール度数:約8%

製法:ビルド




レシピ
・メロンリキュール・MIDORI        30ml

・ライム果汁                 15ml

・炭酸水                    60ml

・シロップ                    10ml

・ミントの葉                  適量





今夜の『ミドリモヒート』は国産リキュールである
「メロンリキュール・MIDORI」がベースとなっている
「モヒート」スタイルのカクテルです。

メロンリキュールは主に日本とオランダで
造られているリキュールで、
カクテル名に入っている「MIDORI」は
静岡県産のマスクメロンを主な原材料と
しており、美しい緑色とマスクメロン由来の
フルーティでフレッシュな香りで、
現在では世界50カ国以上で愛されている
日本を代表するメロンリキュールです。

近年「MIDORI」らしいフレッシュな果実味は
そのままに、糖分を15%カットし甘味を抑え、
メロンの華やかな香味がより一層引き立つ
上質な味わいへと変わりました。

「MIDORI」を使ったカクテルを紹介する
動画がいくつかYouTubeにありますね。

本日の『ミドリモヒート』もありましたので、
載せさせていただきます。



レシピなどが違うのは国内、海外の
違いだと思いますが、ラムが入っているのは
味わいが元となっている「モヒート」に
近づき、コクがあって美味しそうですね。

ただ、そこにさらにテキーラは、、、
僕は必要ないと思いますが。。。

日本のバーに慣れている方からすると
この動画のバーテンダーさんは
作業が雑なのでは、、、と感じてしまいそうですね。

ライムもミントもこんなに
ガシガシ潰してしまうと苦味と青臭さが
ものすごく出てしまうのでご注意ください。

国内レシピでは「モヒート」スタイルらしい
爽やかなミントのスーッとする香りに
みずみずしいマスクメロンの甘味が加わり、
色合いもリキュール名の通りの緑色が美しい
カクテルです。

いつもと違った「モヒート」も
試してみてはいかがでしょうか。













いつも頑張っている自分へプチ贅沢な贈り物。。。


■メロンリキュール MIDORI ミドリ 700ml

■明治屋 マイライム 720ml

■サッポロ おいしい炭酸水 500ml×24本

■ドーバー カリブ<100%サトウキビ天然糖液> 700ml<100%サトウキビ天然糖液> 700ml

■家庭用 ハーブの水耕栽培キット 窓際族(窓辺でペパーミント)





ブログランキング参加いたしました。
ぜひポチっとしてくださいませ。

12月14日の誕生日カクテル

Posted by 酒神の人 on 14.2014 12月の誕生日カクテル   0 comments
12月14日の誕生日カクテル

『シャルトリューズモヒート』

特徴:朗らかで自由を愛する温かい心の持ち主


141214シャルトリューズモヒート



カクテルタイプ:ロング

グラス:タンブラー

テイスト:爽やか

アルコール度数:約16%

製法:ビルド




レシピ
・シャルトリューズ・ヴェール       30ml

・ライム果汁                 15ml

・炭酸水                    60ml

・シロップ                    10ml

・ミントの葉                  適量



今夜の『シャルトリューズモヒート』は
すべてのリキュールの中で、「女王」と
呼ばれるハーブ系リキュール、シャルトリューズが
ベースの「モヒート」スタイルのカクテルです。

シャルトリューズは11世紀のフランスで発生した
カルトジオ会のシャルトリューズ修道院の修道士に
よって作られ、現在は製造過程は企業に
委託されているものの、その配合は未だに
3人の修道士に任され、門外不出と
なっています。

その中でもブランデーをベースとして、砂糖および
アンゼリカ、シナモン、ナツメグをはじめとする
130種類のハーブを加え、樽で最低3年熟成され、
5回の浸漬と4回の蒸留を経て調製されるということ
だけが公開されています。

シャルトリューズは大きく分けて
「ジョーヌ」と「ヴェール」、「エリクシル・ヴェジェタル」
の三つがあり、今回のカクテルで使用される
「ヴェール」は緑色をしており、スパイシーな
ハーブ香が豊かで、アルコール度数は55度ほどです。

「ジョーヌ」は黄色をしており、アルコール度数は
42度ほどあり、ハーブだけでなく、蜂蜜の甘く、
まろやかな味わいが特徴です。

「エリクシル・ヴェジェタル」は植物の霊薬という
意味で、アルコール度数は69度~71度ほどあり、
甘味はほとんどなくハーブの香りが強く、
飲み方もカクテルに使うよりはスプーンに
砂糖を乗せ、そこに数滴垂らして少しずつ
飲むという珍しいリキュールです。

ハーブ系リキュールである「シャルトリューズ」
なので、同じハーブのミントとの相性は抜群です。

「シャルトリューズ・ヴェール」のもつ豊かな
ハーブ香にミントとライムでさらに爽やかさが足され、
炭酸が飲み終わりをさっぱりさせてくれます。

「シャルトリューズ」の材料のひとつである
「アンゼリカ」はラテン語で「天使」を意味し、
強壮、冷え性、貧血、免疫力の強化、さらに
ホルモン分泌の調整、婦人病などの
効果があり、女性のためのハーブとされています。

飲むための言い訳にぜひお使いくださいませ。












いつも頑張っている自分へプチ贅沢な贈り物。。。


■シャルトリューズ ヴェール 55度 700ml

■明治屋 マイライム 720ml

■明治屋 マイレモン 720ml

■サッポロ おいしい炭酸水 500ml×24本

■ドーバー カリブ<100%サトウキビ天然糖液> 700ml<100%サトウキビ天然糖液> 700ml

■家庭用 ハーブの水耕栽培キット 窓際族(窓辺でペパーミント)




ブログランキング参加いたしました。
ぜひポチっとしてくださいませ。

12月13日の誕生日カクテル

Posted by 酒神の人 on 13.2014 12月の誕生日カクテル   0 comments
12月13日の誕生日カクテル

『ティフィンモヒート』

特徴:人生の道を登り極める女性


141213ティフィンモヒート



カクテルタイプ:ロング

グラス:タンブラー

テイスト:中甘爽やか

アルコール度数:約8%

製法:ビルド




レシピ
・ティーリキュール・ティフィン       30ml

・ライム果汁                  15ml

・炭酸水                     60ml

・シロップ                    10ml

・ミントの葉                   適量





今夜の『ティフィンモヒート』は
紅茶リキュール「ティフィン」が
ベースの爽やかな「モヒート」スタイルの
カクテルです。

紅茶にミントというとアフリカ大陸、
モロッコの「ミントティー」が思い浮かびますね。

日本人の感覚では、ミントティーは
「爽やかなハーブティー」というイメージがありそうですが、
実際のモロッコのミントティーはかなり甘ったるくて、
ミントを噛み潰したような苦味もあるそうです。


141213ミントティー


↑↑↑こちらが実際のモロッコで
でてくる「ミントティー」ですが、
元々はフレッシュミントと砂糖のみで
作られていたそうですが、19世紀に
イギリスの商人が中国緑茶を持ち込んでから、
中国産の緑茶にフレッシュミントと大量の
砂糖を入れて煮出して作る現在のスタイルになり、
これは「モロッカン・ウィスキー」と呼ばれています。

なぜ名前にウィスキーとついているかというと
モロッコは、宗教上お酒が禁じられている国であるため、
他国の食材を上手に取り入れ、
お酒にかわる嗜好品として独自のスタイルとして
確立したようです。

余談が長かったですね、、、
今夜の『ティフィンモヒート』ではミントを
粗く潰さなければ苦味は出にくいですし、
ティフィンリキュール自体の甘味もあるので、
シロップは5mlほどでもよいと思います。

そして、レシピでは「モヒート」のスタイル
ということもあってか、ライム果汁で
作るとされていますが、レモンティーがあるように、
ティーリキュールにはライムよりレモンのほうが
合うと思いますので、画像のように
レモンで作られたほうが舌馴染みがよい
と思います。

普段飲まれているソフトドリンクでも
カクテルを組み立てる参考になるものも
たくさんあるので、いつもの注文を
ちょっとだけ気に掛けてみると
新しいカクテルができるかもしれません。











いつも頑張っている自分へプチ贅沢な贈り物。。。


■ティーリキュール・ティフィン 24度 750ml

■明治屋 マイライム 720ml

■明治屋 マイレモン 720ml

■サッポロ おいしい炭酸水 500ml×24本

■ドーバー カリブ<100%サトウキビ天然糖液> 700ml<100%サトウキビ天然糖液> 700ml

■家庭用 ハーブの水耕栽培キット 窓際族(窓辺でペパーミント)




ブログランキング参加いたしました。
ぜひポチっとしてくださいませ。

12月12日の誕生日カクテル

Posted by 酒神の人 on 12.2014 12月の誕生日カクテル   0 comments
12月12日の誕生日カクテル

『パッシモモヒート』

特徴:シンプルな優雅で人を陶酔させる麗人


141212パッシモモヒート



カクテルタイプ:ロング

グラス:タンブラー

テイスト:甘口爽やか

アルコール度数:約6%

製法:ビルド




レシピ
・パッションフルーツリキュール・パッシモ       30ml

・ライム果汁                          15ml

・炭酸水                             60ml

・シロップ                            10ml

・ミントの葉                           適量





今夜の『パッシモモヒート』は
亜熱帯地域で栽培される果物で、
濃い甘味と酸味が特徴である
「パッションフルーツ」と「モヒート」の
ミントの爽快感がマッチした
爽やかカクテルです。

ベースとなっている「パッシモ」は、
フランスの伝統あるコニャックメーカーである
「ルイ・ロワイエ」社のリキュール部門、
「ジュール・ブレマン」社のパッションフルーツリキュールで、
カリブ産の高品質なラムを使用し、
パッションフルーツの華やかな香りと
甘酸っぱく爽快な味わいにより、コクを持たせた
リキュールです。

使われているパッションフルーツの果肉部分には
体内でビタミンAに変換され、活性酸素を抑え
動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病から守るとともに、
皮膚や粘膜の細胞を正常に保つ働きや
免疫力を高める働きもある「βカロテン」だけでなく、
アミノ酸の代謝に大きな役割をもつ「ビタミンB6」や、
抗酸化作用があり免疫力を高める「ビタミンC」、
さらに女性には欠かせない「葉酸」などをたっぷりと含んでいます。

味わいもよく、栄養価も高い
パッションフルーツですが、
見た目はなかなかグロテスクです、、、
それでも見てみたい方は
パッションフルーツ画像
↑↑↑こちらからどうぞ。。。

「パッシモ」は甘酸っぱく、女性に
好まれやすい味わいで、香りもよいです。

そのため、ミントの香りか
「パッシモ」の甘い香りかのどちらか
好みのほうを優先させるように、
ミントの爽快感のほうがよいなら、
画像のようにグラスに注いだ後に
手のひらで一度叩いたミントを
乗せ、香りをたたせる、
甘い香りを優先させるなら、
ミントは乗せなくてもよいです。

香りも大切なカクテルの要因なので、
好みを選んでみてくださいね。












いつも頑張っている自分へプチ贅沢な贈り物。。。


■パッションフルーツリキュール・パッシモ 700ml

■明治屋 マイライム 720ml

■サッポロ おいしい炭酸水 500ml×24本

■ドーバー カリブ<100%サトウキビ天然糖液> 700ml<100%サトウキビ天然糖液> 700ml

■家庭用 ハーブの水耕栽培キット 窓際族(窓辺でペパーミント)




ブログランキング参加いたしました。
ぜひポチっとしてくださいませ。