Loading…

スポンサーサイト

Posted by 酒神の人 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月14日の誕生日カクテル

Posted by 酒神の人 on 14.2014 12月の誕生日カクテル   0 comments
12月14日の誕生日カクテル

『シャルトリューズモヒート』

特徴:朗らかで自由を愛する温かい心の持ち主


141214シャルトリューズモヒート



カクテルタイプ:ロング

グラス:タンブラー

テイスト:爽やか

アルコール度数:約16%

製法:ビルド




レシピ
・シャルトリューズ・ヴェール       30ml

・ライム果汁                 15ml

・炭酸水                    60ml

・シロップ                    10ml

・ミントの葉                  適量



今夜の『シャルトリューズモヒート』は
すべてのリキュールの中で、「女王」と
呼ばれるハーブ系リキュール、シャルトリューズが
ベースの「モヒート」スタイルのカクテルです。

シャルトリューズは11世紀のフランスで発生した
カルトジオ会のシャルトリューズ修道院の修道士に
よって作られ、現在は製造過程は企業に
委託されているものの、その配合は未だに
3人の修道士に任され、門外不出と
なっています。

その中でもブランデーをベースとして、砂糖および
アンゼリカ、シナモン、ナツメグをはじめとする
130種類のハーブを加え、樽で最低3年熟成され、
5回の浸漬と4回の蒸留を経て調製されるということ
だけが公開されています。

シャルトリューズは大きく分けて
「ジョーヌ」と「ヴェール」、「エリクシル・ヴェジェタル」
の三つがあり、今回のカクテルで使用される
「ヴェール」は緑色をしており、スパイシーな
ハーブ香が豊かで、アルコール度数は55度ほどです。

「ジョーヌ」は黄色をしており、アルコール度数は
42度ほどあり、ハーブだけでなく、蜂蜜の甘く、
まろやかな味わいが特徴です。

「エリクシル・ヴェジェタル」は植物の霊薬という
意味で、アルコール度数は69度~71度ほどあり、
甘味はほとんどなくハーブの香りが強く、
飲み方もカクテルに使うよりはスプーンに
砂糖を乗せ、そこに数滴垂らして少しずつ
飲むという珍しいリキュールです。

ハーブ系リキュールである「シャルトリューズ」
なので、同じハーブのミントとの相性は抜群です。

「シャルトリューズ・ヴェール」のもつ豊かな
ハーブ香にミントとライムでさらに爽やかさが足され、
炭酸が飲み終わりをさっぱりさせてくれます。

「シャルトリューズ」の材料のひとつである
「アンゼリカ」はラテン語で「天使」を意味し、
強壮、冷え性、貧血、免疫力の強化、さらに
ホルモン分泌の調整、婦人病などの
効果があり、女性のためのハーブとされています。

飲むための言い訳にぜひお使いくださいませ。












いつも頑張っている自分へプチ贅沢な贈り物。。。


■シャルトリューズ ヴェール 55度 700ml

■明治屋 マイライム 720ml

■明治屋 マイレモン 720ml

■サッポロ おいしい炭酸水 500ml×24本

■ドーバー カリブ<100%サトウキビ天然糖液> 700ml<100%サトウキビ天然糖液> 700ml

■家庭用 ハーブの水耕栽培キット 窓際族(窓辺でペパーミント)




ブログランキング参加いたしました。
ぜひポチっとしてくださいませ。

スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。