FC2ブログ
Loading…

12月13日の誕生日カクテル

Posted by 酒神の人 on 13.2014 12月の誕生日カクテル   0 comments
12月13日の誕生日カクテル

『ティフィンモヒート』

特徴:人生の道を登り極める女性


141213ティフィンモヒート



カクテルタイプ:ロング

グラス:タンブラー

テイスト:中甘爽やか

アルコール度数:約8%

製法:ビルド




レシピ
・ティーリキュール・ティフィン       30ml

・ライム果汁                  15ml

・炭酸水                     60ml

・シロップ                    10ml

・ミントの葉                   適量





今夜の『ティフィンモヒート』は
紅茶リキュール「ティフィン」が
ベースの爽やかな「モヒート」スタイルの
カクテルです。

紅茶にミントというとアフリカ大陸、
モロッコの「ミントティー」が思い浮かびますね。

日本人の感覚では、ミントティーは
「爽やかなハーブティー」というイメージがありそうですが、
実際のモロッコのミントティーはかなり甘ったるくて、
ミントを噛み潰したような苦味もあるそうです。


141213ミントティー


↑↑↑こちらが実際のモロッコで
でてくる「ミントティー」ですが、
元々はフレッシュミントと砂糖のみで
作られていたそうですが、19世紀に
イギリスの商人が中国緑茶を持ち込んでから、
中国産の緑茶にフレッシュミントと大量の
砂糖を入れて煮出して作る現在のスタイルになり、
これは「モロッカン・ウィスキー」と呼ばれています。

なぜ名前にウィスキーとついているかというと
モロッコは、宗教上お酒が禁じられている国であるため、
他国の食材を上手に取り入れ、
お酒にかわる嗜好品として独自のスタイルとして
確立したようです。

余談が長かったですね、、、
今夜の『ティフィンモヒート』ではミントを
粗く潰さなければ苦味は出にくいですし、
ティフィンリキュール自体の甘味もあるので、
シロップは5mlほどでもよいと思います。

そして、レシピでは「モヒート」のスタイル
ということもあってか、ライム果汁で
作るとされていますが、レモンティーがあるように、
ティーリキュールにはライムよりレモンのほうが
合うと思いますので、画像のように
レモンで作られたほうが舌馴染みがよい
と思います。

普段飲まれているソフトドリンクでも
カクテルを組み立てる参考になるものも
たくさんあるので、いつもの注文を
ちょっとだけ気に掛けてみると
新しいカクテルができるかもしれません。











いつも頑張っている自分へプチ贅沢な贈り物。。。


■ティーリキュール・ティフィン 24度 750ml

■明治屋 マイライム 720ml

■明治屋 マイレモン 720ml

■サッポロ おいしい炭酸水 500ml×24本

■ドーバー カリブ<100%サトウキビ天然糖液> 700ml<100%サトウキビ天然糖液> 700ml

■家庭用 ハーブの水耕栽培キット 窓際族(窓辺でペパーミント)




ブログランキング参加いたしました。
ぜひポチっとしてくださいませ。

スポンサーサイト




  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する