FC2ブログ
Loading…

【番外】リモンチェッロ・ディ・カプリ

Posted by 酒神の人 on 19.2014 リキュール紹介   0 comments
【番外】リキュール紹介

『リモンチェッロ・ディ・カプリ』


141111リモンチェッロ


アルコール度数:32%

容量:500ml




リモンチェッロはイタリアのリキュールで、ナポリのある
カンパーニャ州のナポリ湾周辺のカプリ島、ソレント半島、
映画にもなったアマルフィ海岸の一帯が有名な産地です。

作り方としては、レモンの果皮をアルコール度数の高い蒸留酒に
一定期間漬けた後取り出し、砂糖水を加えて1週間~1か月ほど
置いて完成となります。
より度数が高い蒸留酒のほうがエキスが早く染み出るので
世界一アルコール度数が高いスピリタスウォッカを使った場合、
レモンを漬けるのは1週間ほどで十分です。

もともとは日本の梅酒のように各家庭で作られ、
食後酒として愛飲されていましたが、
観光客によって世界各地に広められました。

レモンの香りが爽快で、甘味があるので口当たりがよいが、
アルコール度数が高いので、冷凍庫で冷やしストレートで
飲むのが一般的です。
アルコール度数が30度以上あるので、冷凍庫で
保存しても凍ることはありません。
もちろんオンザロックでゆったり飲むのも美味しいです。

アルコール度数の高いリキュール、スピリッツを
冷凍庫で保存するのはバーテンダーがよくやる
作業なのですが、これをすることによって
口当たりが滑らかになります。
比較的お手頃なお値段のウイスキーも
冷凍保存し、ハイボールなどにすると
常温のものと全く違う香りと飲み口になります。


食後にデザート感覚で楽しむ『リモンチェッロ・ディ・カプリ』
ぜひお楽しみください。








いつも頑張っている自分へプチ贅沢な贈り物。。。




スポンサーサイト




  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する