FC2ブログ
Loading…

スポンサーサイト

Posted by 酒神の人 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【番外】フィリップ・ド・ブルゴーニュ・クレーム・ド・カシス・ドゥ・ディジョン

Posted by 酒神の人 on 17.2015 リキュール紹介   0 comments
【番外】リキュール紹介

『フィリップ・ド・ブルゴーニュ・クレーム・ド・カシス・ドゥ・ディジョン』






アルコール度数:20%

容量:700ml






フィリップ・ド・ブルゴーニュのリキュールは
1889年のパリ万国博覧会において出品され、
栄えある賞を受賞して以来広く知られている
銘酒のひとつです。

その製法は、フランス中部に位置する都市で
「美食の都」として知られるディジョンで名高い
リキュール醸造家であった「フォンボンヌ」氏が
1874年に考案した醸造法に基づき、現在も
伝統を守りながら造られています。

スパークリングワインの代表格であるシャンパンと
同じく、EU認定の産地規定表示のあるリキュールで、
カシスリキュールの中でも飛びぬけた、味、香りを
もっている『フィリップ・ド・ブルゴーニュ・カシス』。

その味と香りを裏づけするエキス分の濃さが特徴で、
一般的なカシスリキュールの2倍あり、香りも果実味が強く、
コクがあります。

レストランやバーでは、その品質から
プロの使うカシスリキュールとして有名です。

と、ここまでがちょっといじった宣伝文句の羅列です。

これは1月17日の誕生日カクテル、
キールロワイヤル」の材料として記事の下部に
載せさせていただいたカシスリキュールです。

数あるカシスリキュールの中でこれを
載せた理由は単純に私の一番美味しいと思う
カシスリキュールだからです、、、
そうです、独断と偏見ですね。

何よりも特出しているのが、味の濃さです。

それなのにベタッとした嫌な甘味はありません。

初めてこのリキュールを使った「カシスソーダ」を
飲んだ時の、果実としてのカシスの味わいは
忘れられません。

エキス分が濃いため、普段使いのカシスリキュールで
カクテルを作るときよりも少量で十分な味と香りを
楽しむことができます。

あと、これは手にとっていただかないとどうしても
分からないのですが、ボトルを注ぎ口が下になるように
逆さまにして、元に戻すと、ボトルの内側に液体が
とても長い時間、ついたままになります。

リキュールの濃さのなせる技であります。

圧倒的な美味しさの
『フィリップ・ド・ブルゴーニュ・クレーム・ド・カシス・ドゥ・ディジョン』、
ぜひ一度お試しください。












いつも頑張っている自分へプチ贅沢な贈り物。。。






ブログランキング参加いたしました。
ぜひポチっとしてくださいませ。
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。