Loading…

スポンサーサイト

Posted by 酒神の人 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月18日の誕生日カクテル

Posted by 酒神の人 on 18.2015 1月の誕生日カクテル   0 comments
1月18日の誕生日カクテル

『カンパリトニック』

特徴:人との関係を大切にする誠実な人


150118カンパリトニック



カクテルタイプ:ロング

グラス:タンブラー

テイスト:中辛甘口

アルコール度数:約8%

製法:ビルド




レシピ
・カンパリ            45ml

・トニックウォーター     Full up




今夜の『カンパリトニック』はカンパリと
トニックウォーターの持つハーブの
苦味の中にある甘味を相互に引き出す
スタンダードカクテルです。

このレシピにグレープフルーツジュースが
足されると、こちらもカンパリベースの中の
有名なカクテル「スプモーニ」になります。

グレープフルーツのさっぱりとした酸味の
おかげで飲み口の柔らかい「スプモーニ」とは
違い、こちらはレシピがよりシンプルなので、
カンパリ、トニックウォーターの苦味を楽しむ
少し大人なカクテルです。

カンパリはビター系のリキュールで、鮮やかな真紅色をし、
ほろ苦さと甘味が溶け合っています。

これはイタリア、トリノのバーテンダー
「ガスパーレ・カンパリ」氏が開発し、1860年、
当時の流行に乗って「ビッテル・アルーソ・ドランディア」
=オランダ風苦味酒と名付けて売り出し、その後
息子の「ダヴィデ・カンパリ」氏が名前を「カンパリ」と変え、
現在に至っています。

カンパリ製法は明らかにされていませんが、
使われている香味の主原料はビターオレンジの果皮であり、
これに昔は惚れ薬にも使われていたキャラウェイ、
エスニック料理によく用いられるコリアンダー、
「黄色いカンパリ」とも呼ばれる「スーズ」の主原料である
リンドウの根など60種類に及ぶ材料が使われています。

味わいも香りもよいカンパリですが、そのハーブ香が
得意ではない方もいらっしゃると思います。

そのような方はグラスに材料を注ぎ、
かき混ぜた後で、オレンジの皮でピールして
あげると甘く爽やかな香りが足され、
飲みやすくなります。

他には、写真からもわかるように、カンパリを
冷凍庫で保存し、冷やしてあげると苦味の
カドがとれ、丸みのある味わいになるので、
こちらも飲みやすくなります。

アルコール度数も高くなく、ご家庭でも
簡単に作れるカクテルなので、オールデイで
楽しんでくださいね。











いつも頑張っている自分へプチ贅沢な贈り物。。。








ブログランキング参加いたしました。
ぜひポチっとしてくださいませ。

スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。