FC2ブログ
Loading…

スポンサーサイト

Posted by 酒神の人 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月17日の誕生日カクテル

Posted by 酒神の人 on 17.2015 1月の誕生日カクテル   0 comments
1月17日の誕生日カクテル

『キールロワイヤル』

特徴:好きなものに夢中になれる一直線な人


150117キールロワイヤル



カクテルタイプ:ロング

グラス:フルート型シャンパングラス

テイスト:甘口

アルコール度数:約12%

製法:ビルド




レシピ
・カシスリキュール                10ml

・スパークリングワイン(シャンパン)      60ml




今夜の『キールロワイヤル』は12月4日に
紹介させていただいたカクテル「キール」の
レシピを白ワインからスパークリングワインに
変えた華やかなカクテルです。

名前の意味は「王様のキール」で、カシスリキュールを
フランボアーズリキュールに変えると「キールインペリアル」
という名前になり、こちらはさらにランクの上がった
「皇帝のキール」となります。

元となっているカクテル「キール」はフランス、ディジョン市の
「市長」だった「キャノン・フェリックス・キール」氏が考案し、
隣国のオーストリア、ウィーンの「フーベルト・ドヴォルシャック」氏に
よって「王様」の名前がつき、現在では「皇帝」になるまでの
華やかな歴史を歩んでいます。

使うスパークリングワインはシャンパンとされる
レシピもあるようですが特に限定はされておらず、
カジュアルに楽しむときは各国のスパークリングワインを、
しっかりとした香りとコクを楽しみたい華やか場では
シャンパンを使うとよいと思います。

しかしそれらに共通して、こちらのカクテルは
氷を使わないので、グラスも使う材料もしっかり
冷やしておくことと、味わいを締めるために
辛口のスパークリングワインを使用することが
重要です。

「キール」から続く、このカクテルですが、
考案されたフランスでは入れるカシスリキュールの
分量のことを「涙3滴ぐらいだ」と表現するそうです。

カシスは香り付け程度で考えられていたのかも
しれませんが、なかなかおしゃれなことを
言いますね笑

華やかなパーティや、しっとりとした大人の時間を
演出するパズルのピースになれるカクテルなので、
ぜひ素敵なシーンに添えていただきたいです。

さらにちょっとした演出ですが、
材料をグラスに注ぎ、軽く混ぜた後、
ドライレーズンやドライブルーベリーのような
小さなドライフルーツを入れてあげると
炭酸で、グラスの中を踊るように動きます。

その場合写真のようなフルート型の
シャンパングラスのほうが動きの幅が
大きく、見え方も可愛らしくなります。

色んなシーンでこのカクテルを彩りの
ひとつにしてみてくださいね。










いつも頑張っている自分へプチ贅沢な贈り物。。。











ブログランキング参加いたしました。
ぜひポチっとしてくださいませ。

スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。