Loading…

スポンサーサイト

Posted by 酒神の人 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月16日の誕生日カクテル

Posted by 酒神の人 on 16.2015 1月の誕生日カクテル   0 comments
1月16日の誕生日カクテル

『ブラッディブル』

特徴:無邪気な人柄と優雅さが融合した人


150116ブラッディブル



カクテルタイプ:ロング

グラス:タンブラー

テイスト:中辛口

アルコール度数:約10%

製法:シェーク




レシピ
・ウォッカ         30ml

・トマトジュース     45ml

・ビーフブイヨン     45ml

・レモン果汁       1tsp




今夜の『ブラッディブル』はウォッカベースの
2種類のカクテルの材料と名前を合わせて
作られるヘルシーなカクテルです。

その2種類のカクテルは暴虐を尽くした16世紀、
イングランドの女王から名前をつけた「ブラッディメアリー」と
1953年にアメリカ、デトロイトのレストラン、
コーカス・クラブの経営者であるグルーバー兄弟が
レストランでの食前酒として考案した「ブルショット」です。

アルコール度数は高くなく、トマトジュースと
ブイヨンでカクテルというより、スープのような
印象があります。

写真ではキュウリをさして香りを足していますが、
他にもセロリやタバスコ、ブラックペッパー、
ウスターソース、塩をグラスのふちにつけ、
スノースタイルにするのも美味しいです。

こちらのカクテル、基本はコールドドリンクですが、
今のような時期は特にホットにしてもよいです。

その場合、全部材料を混ぜ合わせてしまってから
火にかけるとアルコールがとんでしまうため、
ウォッカだけは別にし、それ以外の材料を
お鍋の中で混ぜ、温めた後、先にウォッカを
注いだ耐熱グラスに入れましょう。

ホットで飲む場合は立ち上るアルコールの刺激を
抑えるために、ウォッカの量を少し減らしましょう。

トマトジュースが苦手、という方でもビーフブイヨンとの
比率を1:1から1:2くらいに変えればより飲みやすく
なりますが、クラマトトマトジュースという「クラム=はまぐり」の
エキスの入った旨みのあるトマトジュースを使うと
飲めてしまうと思います。

実際、私はトマトジュースが苦手なのですが、
初めてクラマトトマトジュースを飲んだ時は
美味しくて感動しました。

正直トマトジュースで作るよりおススメですので、
まだクラマトトマトジュースを飲んだことのない方は
ぜひご賞味くださいませ。












いつも頑張っている自分へプチ贅沢な贈り物。。。











ブログランキング参加いたしました。
ぜひポチっとしてくださいませ。

スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。