Loading…

スポンサーサイト

Posted by 酒神の人 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月31日の誕生日カクテル

Posted by 酒神の人 on 31.2014 12月の誕生日カクテル   0 comments
12月31日の誕生日カクテル

『ジンリッキー』

特徴:自然や動物を愛する叙情家


141231ジンリッキー


カクテルタイプ:ロング

グラス:タンブラー

テイスト:辛口

アルコール度数:約10%

製法:ビルド




レシピ
・ドライジン       45ml

・炭酸水         Full up

・ライム果汁      5ml

・ライム         1/4カット




今夜の『ジンリッキー』はレシピは
シンプルだが自分好みの味作りが
でき、味わいを無限に増やせる奥深い
カクテルです。

『ジンリッキー』という名前は19世紀末に
アメリカのワシントンD.Cの「シューメーカー」という
レストランで夏向けのカクテルとして作られた
このドリンクを最初に飲んだお客さんの
「ジム・リッキー」氏にちなんでつけられました。

その後、「リッキー」というカクテルのスタイルは、、、

【スピリッツにライムの果肉と炭酸水で作る、
飲み手がマドラーで好みの味加減にライムを
潰して楽しむ飲み物である】

とされました。

なので、バーなどで『ジンリッキー』を頼むと
マドラーを添えて出してくださるお店がありますが、
かき混ぜてしまうとせっかくの炭酸が飛んで
美味しさが減ってしまうので、混ぜずに
沈んでいるライムを押して自分の好きな
酸味に調節してください。

わざわざかき混ぜなくとも、炭酸の入った
カクテルは、泡のおかげで少しの動きがあると
勝手に混ざるので、ご安心ください。

それくらい大切な泡なので、炭酸水も選びたい
ところですね、、、
私の働かせていただいていたお店では
ウィルキンソンの瓶のものを使っていました。

自宅でペットボトルの炭酸水を
使ったこともありますが、感触として、
瓶のものもほうが炭酸が強く、泡持ちが
よい気がしました。

泡持ちっていうと洗顔フォームみたいですね、、、

バーというお店の形態上、一本の瓶をいつ使い切れるか
分からないため、元の炭酸の強く、炭酸が抜けないように
するフレッシュボトルという、、、

141231フレッシュボトル

このキャップを毎回するのですが、ご自宅で
カクテルを作られるときはすぐに飲み切ってしまうため、
瓶でなくてもよい気はします。

どちらが一杯の味として美味しいかと
言われれば瓶のほうなのですが、、、
コストをとるか、パフォーマンスを
とるかのお話ですね。

このカクテルは酸味の調節は自分でできますが、
基本的にはシンプルでドライな味わいの
カクテルなので、『ジンリッキー』がお好きな
方は飲みなれてらっしゃるイメージが
私の中にあります。

ご自宅で作られるときは12月30日に
書かせていただきました『ジントニック』を
ご参考にしてくださいませ。

季節や室温、湿度で調節すればさらに
美味しくなるのですが、それはプロである
バーテンダーのお仕事のひとつなので、
とらないでおいてください。。。

基本的に人がドリンクを美味しく
感じる温度は体温プラスマイナス
「25~30度」とされていますので、
コールドドリンクなら、「6~12度」ほど、
ホットドリンクなら、「61~67度」ほどで
飲むのがベストだと言われています。

そんなこと言う私は猫舌っ子なので、
61度なんかじゃ熱くて飲めないのですが、、、

とにかく、家飲みにこだわりがあっても
気楽さがなくなってしまうと美味しく飲みにくいので、
なんとなく程度に頭に入れておいてくだされば
ありがたいです。



今日で2014年が終わります。

よかったこと、悪かったこと、それぞれ
皆様あると思いますが、来年の12月31日に
「去年よりは面白い一年だったな」と
思える一年になればよいですね。

そこに私の紹介させていただいた、
また、これから紹介させていただく365日分の
誕生日カクテルをあなたの、そして、あなたの
大切な方への贈り物として添えていただければ幸いです。













いつも頑張っている自分へプチ贅沢な贈り物。。。











ブログランキング参加いたしました。
ぜひポチっとしてくださいませ。

スポンサーサイト

12月30日の誕生日カクテル

Posted by 酒神の人 on 30.2014 12月の誕生日カクテル   0 comments
12月30日の誕生日カクテル

『ジントニック』

特徴:人の温もりを感じられる品格者


141230ジントニック



カクテルタイプ:ロング

グラス:タンブラー

テイスト:中辛口

アルコール度数:約12%

製法:ビルド




レシピ
・ドライジン         45ml

・トニックウォーター   Full up

・ライム果汁        15ml




今夜の『ジントニック』はカクテルの王様、
「マティーニ」と並ぶスタンダードカクテルの
代名詞といえるカクテルです。

今では居酒屋さんでも当たり前のように
見かけるカクテルなのですが、バーテンダーに
とってはメニューあるどのカクテルよりも想いを
込めるだろうカクテルなのです。

それは、使うジンの種類、トニックウォーターの
種類、ライムの絞り方、それらの分量、グラスの
種類、氷の種類など、無限にそのバーテンダーの
色を出せるカクテルだからです。

私は今でもひとりで初めてのバーに入ったときは
必ず『ジントニック』から頼むことにしています。

その『ジントニック』の作り方や、味わい、
例えば酸味を主体としていたり、飲み口を
柔らかくすることを主体にしていたり、
ベースとなるジンの香りを主体にしていたりと、
『ジントニック』を頼むことでそのお店の
カクテルがどのような方向性で作られるかを
知ることができるからです。

ちなみに私の働かせていただいていたお店では
お酒に飲みなれた方が多くみえたことと、
繁華街でお仕事相手の方と飲まれた後に
『ジントニック』だけ飲んで帰られる方も
いらっしゃったので、甘ったるさはださず、
その一杯でも満足でき、『ジントニック』だけを
飲み続けても飽きない、そして疲れた喉を
少しでも癒せるように炭酸の刺激を調節
しておりました。

そんなこと言っても人に合わせるということは
当然するのですが、、、

基本的なレシピは、、、

・ビーフィーター ドライジン        40ml

・シュウェップス トニックウォーター  Full up

・ライム                   1/6カット

・アンゴスチュラビターズ         2dash

氷は業務用の氷板を割ったもの。

グラスは8オンス(240ml)のタンブラー。

で、飲みなれた方には

・タンカレー ドライジン           40ml

・フィーバーツリー トニックウォーター  Full up

・ライム                    1/6カット

・アンゴスチュラビターズ          2dash

で氷やグラスは同じ、で作らせていただいていました。

ご自宅で美味しく飲むコツとしては
まず、ジンをできれば冷凍庫で冷やすこと。

これをするとジンが凍らずトロっとして
味にまろやかさがでるのと、もう一つはあとで
絡んできます。

トニックウォーターは冷蔵庫で冷やしてください。

ライムを選ぶときは全体が艶のある緑色で
触ったときに弾力のあるものをお選びください。

グラスもできれば冷凍庫で冷やしてください。

氷は角があり溶けやすい製氷機で
作ったものでなく、コンビニなどでも
売っているかち割り氷を使ってください。

冷やしたグラスにカットしたライムを
力任せにギュっとせずに絞ります。

ギュっとすると苦味が出やすいので
ご自宅で飲まれるときはあまりおススメしません。

ライムを絞ったときにグラスの内側に
果汁がまんべんなくつくと、とても香りがよくなります。

絞ったライムはそのままだグラスにいれる
とライムの苦味が飲み終わりくらいで出てきますが、
気にならないならグラスにいれてしまっても
いれなくてもよいです。

グラスにかち割り氷を入れます。

冷やしたジンを量って入れます。

トニックウォーターを丁寧に、炭酸が
あまりとんでしまわないように注ぎます。

これで基本のレシピは完成です‼

ちょっとの面倒をすれば劇的に美味しくなる
カクテルなので、ぜひお試しください。












いつも頑張っている自分へプチ贅沢な贈り物。。。













ブログランキング参加いたしました。
ぜひポチっとしてくださいませ。

12月29日の誕生日カクテル

Posted by 酒神の人 on 29.2014 12月の誕生日カクテル   2 comments
12月29日の誕生日カクテル

『シャルトリューズトニック』

特徴:周囲に認められたい芸術家


141229シャルトリューズトニック



カクテルタイプ:ロング

グラス:タンブラー

テイスト:中甘辛口

アルコール度数:約18%

製法:ビルド




レシピ
・シャルトリューズ・ヴェール または シャルトリューズ・ジョーヌ  45ml

・トニックウォーター                             Full up





今夜の『シャルトリューズトニック』はハーブ系の
リキュール、「シャルトリューズ」がベースの
爽やかな香りが特徴のカクテルです。

こちらのカクテルはどの種類の「シャルトリューズ」を
使うかの指定がレシピにないカクテルなので、
黄色い「ジョーヌ」、緑色の「ヴェール」で、
好みに合わせて作り変えることができます。

「ジョーヌ」はハーブの薬らしい香りと蜂蜜の
柔らかな甘味が特徴で、こちらで作れば
まろやかな飲み口になるため、まだ
ハーブ系リキュールに慣れていない方でも
親しみやすいカクテルになります。

「ヴェール」はこちらもハーブの薬らしい印象は
ありますが、甘味は少なく、スパイシーな香りと
味わいになり、アルコール度数も「ジョーヌ」に比べ
少し高くなるため、ハーブ系リキュールやドライな
味わいのほうがお好きな方には
こちらを使う方がおススメです。

レシピにはありませんが、写真のように
レモン、またはライムのカットしたものを
入れて、爽やかさを足しても美味しいです。

私の印象としては「ジョーヌ」は蜂蜜の
甘い味わいが入っているため、蜂蜜レモンという
食べ物があるように、レモンを使ったほうが合い、
「ヴェール」はドライな印象があるため、酸味の
強いライムのほうが合うかと思います。

そのままレモンとライムの色に合わせられるので、
見た目もすっきりしますし、覚えやすいですね。

元々薬として飲まれていた「シャルトリューズ」と
同ように、トニックウォーターも元は熱帯地方の
イギリス植民地で保健飲料として飲まれるように
なったのが始まりで、マラリアの特効薬とされた
「キニーネ」というキナ樹皮から作られる成分を
柑橘系の果皮のエキス、糖分と共に炭酸水に加え
造られています。

薬+薬のカクテルなので、身体に良さそうな
気がしちゃいますね。

ただ、日本で「キニーネ」は劇薬に指定されて
しまっているので、国内販売用のものには
「キニーネ」と同じような香りの代替物が入っているようです。

最近では輸入緩和されたため、海外から
当時のようなレシピで、「キニーネ」の含まれた
ドライな味わいのトニックウォーターが手に入る
ようになりました。

「フィーバーツリー」という会社が出しているものですが、
国産のものと比べてもかなり美味しいです。

べたっとした甘味はありませんし、すっきりとした
苦味を感じ、飲み口もとても爽やかです。

「ヴェール」を使ったドライな印象の
『シャルトリューズトニック』を作りたい
場合はこちらのほうが合うかと思います。

お酒は飲みたいがたまには身体に
良さそうなものを…というときはぜひ
『シャルトリューズトニック』をお酒を飲む
言い訳にしてくださいませ。












いつも頑張っている自分へプチ贅沢な贈り物。。。












ブログランキング参加いたしました。
ぜひポチっとしてくださいませ。

12月28日の誕生日カクテル

Posted by 酒神の人 on 28.2014 12月の誕生日カクテル   0 comments
12月28日の誕生日カクテル

『アラスカ』

特徴:自分が向っている世界を知る識者


141228アラスカ


カクテルタイプ:ショート

グラス:カクテルグラス

テイスト:中甘辛口

アルコール度数:約40%

製法:シェーク




レシピ
・ドライジン              45ml

・シャルトリューズ ジョーヌ    15ml




今夜の『アラスカ』は1920年に、ロンドンの
サヴォイ・ホテルのチーフ・バーテンダーだった
「ハリー・クラドック」氏が考案した、きりっとした
飲み口にシャルトリューズの甘味とハーブの香りが
特徴的なスタンダードカクテルです。

「ハリー・クラドック」氏は「ドライ・マティーニ」、
「ホワイト・レディ」など今日にも伝わる
スタンダードカクテルを含めた250以上の
カクテルを考案し、現在のカクテルの基礎を作り、
世界中のバーテンダーの教科書となっている
「サヴォイ・カクテルブック」を著しました。

それらの功績から
「カクテルの帝王(キング・オブ・カクテル)」と
讃えられる素晴らしいバーテンダーです。

名前の由来はそのままアメリカのアラスカ州から
とっていますが、アラスカ州の雰囲気を出すなら、
オーロラの印象を持たせるためにもシャルトリューズを
黄色のジョーヌではなく、緑色のヴェールを
スタンダードにしたほうがよかったのでは、、、
と思います。

ちなみにシャルトリューズ・ヴェールで作ったほうは
「グリーン・アラスカ」という名前になります。

ただ、両方ともジンをベースに作るため、
アラスカの寒さを感じさせるキレのある味わいを
しており、アルコールに舌が慣れてきた飲みの
中盤で飲んだほうが美味しく味わいやすいです。

飲みこんだ後の鼻に抜けるハーブの香りと舌に
残る微かな甘味が心地よいカクテルで、
厳しい寒さの中にあるホッとできる我が家を
連想させてくれます。

これからまた一層寒さが厳しくなりますが、
ご自宅で、バーで、ホッとできる瞬間を
カクテルと過ごしてみてはいかがでしょうか。












いつも頑張っている自分へプチ贅沢な贈り物。。。









ブログランキング参加いたしました。
ぜひポチっとしてくださいませ。

12月27日の誕生日カクテル

Posted by 酒神の人 on 27.2014 12月の誕生日カクテル   2 comments
12月27日の誕生日カクテル

『パライソオレンジ』

特徴:地に足のついた考えを持つ情熱家


141227パライソオレンジ



カクテルタイプ:ロング

グラス:タンブラー

テイスト:甘口

アルコール度数:約5%

製法:ビルド




レシピ
・パライソ ライチリキュール     30ml

・オレンジジュース           Full up




今夜の『パライソオレンジ』はみずみずしい
ライチの香りが特徴のリキュール「パライソ」と
オレンジの甘味が心地よいフルーティな
カクテルです。

アルコール度数が高くなく、味わいも
フルーティでジュースのように飲めてしまうので、
まだお酒に慣れていない方でも
作りやすいカクテルです。

飲みなれている方には物足りなさと
甘ったるく感じてしまうかもしれません。

なので、スピリッツを足すとすれば、
フルーツの味わいを邪魔しないウォッカか、
複雑味を持たせるテキーラが合うかと思います。

ただ甘味を抑えたいなら、「アンゴスチュラ・ビターズ」を
2dashほど落とすと苦味が加わり、カクテルに
複雑味がでます。

フルーティな香りを邪魔しないようにするなら、
「オレンジ・ビターズ」をこちらは3dashほど落とせば、
甘味が少し抑えられ、飲み疲れにくくなります。

添えにはそのままカットしたオレンジのほかに
レッドチェリーも飲み休めとして合うかと思います。

ステンドグラスを意識したボトルも素敵な
「パライソ」なので、ディスプレイとしても
置いてあればかっこいいですね。









いつも頑張っている自分へプチ贅沢な贈り物。。。









ブログランキング参加いたしました。
ぜひポチっとしてくださいませ。

12月26日の誕生日カクテル

Posted by 酒神の人 on 26.2014 12月の誕生日カクテル   0 comments
12月26日の誕生日カクテル

『パライソグレープフルーツ』

特徴:心も体もシスターのように素直な人


141226パライソグレープフルーツ2



カクテルタイプ:ロング

グラス:タンブラー

テイスト:甘ざっぱり

アルコール度数:約5%

製法:ビルド




レシピ
・パライソ・ライチリキュール       30ml

・グレープフルーツジュース        Full up




今夜の『パライソグレープフルーツ』は
ライチの芳醇な甘味とグレープフルーツの
爽やかな酸味が落ち着いた時間に
ぴったりのカクテルです。

「パライソ」はスペイン語、ポルトガル語で
「極楽」「天国」の意味があり、甘さを抑えることで
飲み飽きず、自然なライチ果実のフレッシュな
味わいが特長のリキュールです。

カクテルベースにしても、ライチらしい
みずみずしさが活きており、ラベルは
ステンドグラスをイメージしたおしゃれなデザインです。

別のライチリキュールで「ディタ」社のものがありますが、
こちらは「パライソ」と比べるとライチの甘味が強く、
味が濃い印象です。

その分お値段もそれなりですね。。。

使うグレープフルーツジュースも
黄色いものを使うか、ルビーのものを使うかで
全く変わります。

黄色いもののほうが酸味が強いため、
さっぱりとした印象に仕上がります。

ルビーを使うと酸味+甘味を感じるため、
飲み口の柔らかい印象に仕上がります。

飲み手のお好きな組み合わせを
探してみてくださいね。











いつも頑張っている自分へプチ贅沢な贈り物。。。











ブログランキング参加いたしました。
ぜひポチっとしてくださいませ。

12月25日の誕生日カクテル

Posted by 酒神の人 on 25.2014 12月の誕生日カクテル   0 comments
12月25日の誕生日カクテル

『グリーンアップルロワイヤル』

特徴:ふれあいを大切にするシンデレラ


141225グリーンアップルロワイヤル2




カクテルタイプ:ロング

グラス:フルート型シャンパングラス

テイスト:甘口

アルコール度数:約17%

製法:ビルド




レシピ
・グリーンアップルリキュール      20ml

・スパークリングワイン          70ml




今夜の『グリーンアップルロワイヤル』は
パーティなどの華やか場に合うカクテル、
「キールロワイヤル」のベースをカシスから
グリーンアップルリキュールに変えた
甘口カクテルです。

まだ白ワインの味わいに飲みなれていない方は
あの酸味だったり、アルコールの香りが苦手だと
思います。

そういった方でも飲みやすく、お酒を
楽しめるように考えられた飲み方が
このようなカクテルだと思います。

酸味を甘味でやわらげ、アルコールの
香りをグリーンアップルの爽やかな香りで
飲みやすいものにしてくれています。

このようなカクテルにはフレッシュな
フルーツが添えてあるとさらに美味しく
楽しむことができます。

これでもアルコール+アルコールの
カクテルなので、体質的に苦手な方は
フレッシュのグリーンアップルを
ジュースにしてレシピを、、、

・グリーンアップルリキュール    10ml

・スパークリングワイン        50ml

・グリーンアップルジュース      30ml

で作ってあげると飲み口が柔らかく、
爽やかな香りのカクテルになり、
こちらなら楽しめると思います。

飲み手の体調な体質に合わせられる
カクテルがあることが、お酒の素敵で、
面白いところですね。

今日はクリスマスですね。。。
この『グリーンアップルロワイヤル』は
こんな華やか日にぴったりのカクテルです。

皆さんに素敵な一日になりますように。














いつも頑張っている自分へプチ贅沢な贈り物。。。








ブログランキング参加いたしました。
ぜひポチっとしてくださいませ。

12月24日の誕生日カクテル

Posted by 酒神の人 on 24.2014 12月の誕生日カクテル   2 comments
12月24日の誕生日カクテル

『ブラーバック』

特徴:ドラマチックな生活に憧れる人


141224ブラーバック



カクテルタイプ:ロング

グラス:タンブラー

テイスト:中辛口

アルコール度数:約11%

製法:ビルド




レシピ
・カルヴァドス ブラー      40ml

・ジンジャーエール       Full up

・カットレモン           1切れ




今夜の『ブラーバック』はアップルブランデーの最高峰
「カルヴァドス」の中でも、最良の地と言われる
「ペイ・ドージュ地区」の選ばれたリンゴから造られる
「カルヴァドス ブラー」がベースの大人カクテルです。

「カルヴァドス」はシャンパーニュやスプマンテ、
カヴァと同じようにAOC、「原産地呼称規制」の
対象のひとつで、、、

141224カルヴァドス地域

この画像の緑色で表わされている地域で
基準を満たして造られたアップルブランデーのみが
特別に「カルヴァドス」を名乗ることができます。

こちらのカクテルと同じような名前を
居酒屋さんのメニューでもお見かけすると
思います。

例えば、「ジンバック」でしたり、「ラムバック」
でしたり、、、これらは「バック」という言葉が
共通してますが、この「バック」の意味は、、、

【ウォッカやジン、テキーラなどのスピリッツ類に
レモンの果肉、または果汁を入れ、ジンジャーエールを
加えて作られるカクテル】です。

「バック」と言われる由来としては、
イギリスにある「バックススラブ」という
シカ(バック)狩りクラブのもつバーで
生まれたからだそうです。

そこからシカのように「キックの強い飲み物」と
いった意味ももちます。

上質なアップルブランデーである
「カルヴァドス」を使って作られるため
りんごの甘い香りを感じたいカクテルです。

そのため、味わいと香りの濃い辛口の
ジンジャーエールより、ノーマルのものを
使ったほうがよいかと思います。

辛口のほうが好き!!という飲み慣れてらっしゃる方は
グラスに材料をすべて入れた後に、10mlほど
アップルブランデーを注ぎ、かき混ぜずに
飲めば、リンゴの香りを感じながら楽しめます。

さらに料理をフランベするときのように
一度火をつけ、吹き消した後で飲めば、
周りにリンゴ飴のような甘い香りが広がります。

ただ、火を使うのはくれぐれもお気を付けください。

クリスマスイブですね。。。
あなた自身が幸せに感じられる日になりますように。













いつも頑張っている自分へプチ贅沢な贈り物。。。









ブログランキング参加いたしました。
ぜひポチっとしてくださいませ。

12月23日の誕生日カクテル

Posted by 酒神の人 on 23.2014 12月の誕生日カクテル   0 comments
12月23日の誕生日カクテル

『チンザノカシス』

特徴:難問も円満の方向へ向かう挑戦者


141223チンザノカシス2



カクテルタイプ:ロング

グラス:タンブラー

テイスト:甘口

アルコール度数:約10%

製法:ビルド




レシピ
・チンザノ ドライベルモット      40ml

・カシスリキュール            30ml

・炭酸水                 Full up

・カットレモン              1切れ




今夜の『チンザノカシス』は白ワインをベースに
ハーブやスパイスなどを加えワイン本来の
風味を生かした辛口ベルモットをベースに、
カシスで甘味とコクをつけたカクテルです。

このカクテルのベースとなっている
「チンザノ・ドライベルモット」はイタリアの
リキュール、スプマンテを中心とした
酒類メーカーの代表的なリキュールで
リキュールベースカクテルの本場フランスで、
このカクテルは消防士という意味の
「ポンピエ」とも呼ばれています。

ドライベルモットのハーブの香りと
カシスの甘味、レモンの酸味が
気持ちを落ち着けてくれるような味わいで、
これが「ポンピエ」の由来になっている
気がします。

カットレモンの代わりにカットオレンジを
使うと酸味に甘味が加わり、こちらでも
美味しく飲めるかと思います。

カフェにも置いてありそうなレシピなので、
休日ならお昼からでも飲めちゃいそうな
軽めカクテルですね。












いつも頑張っている自分へプチ贅沢な贈り物。。。


■チンザノ ベルモット エクストラ ドライ 750ml

■ポールルヴィエール カシス 700ml

■サッポロ おいしい炭酸水





ブログランキング参加いたしました。
ぜひポチっとしてくださいませ。

12月22日の誕生日カクテル

Posted by 酒神の人 on 22.2014 12月の誕生日カクテル   0 comments
12月22日の誕生日カクテル

『フォービドゥンフルーツ』

特徴:困難を恐れずに前に進む実力者


141222フォービドゥンフルーツ



カクテルタイプ:ショート

グラス:カクテルグラス

テイスト:甘口

アルコール度数:約24%

製法:シェーク




レシピ
・ズブロッカ          15ml

・日本酒            15ml

・メロンリキュール      7.5ml

・レモン果汁          5ml

・シュガーシロップ       5ml

・お好みのフルーツ      適量

・レモングラス         1枚


今夜の『フォービドゥンフルーツ』は
「禁忌の果実」の意味の甘口でフルーティだが、
アルコール度数は決して低くない、
危険なカクテルです。

「フォービドゥンフルーツ」は旧約聖書の
「創世記」にある伝説の「禁断の果実」のことで、
善悪の知識の木の果実を指します。

アダムとイヴはエデンの園にある果樹のうち、
この樹の実だけは食べることを禁じられるが、
イヴはヘビにそそのかされてこの実を食べ、
アダムにも分け与えるのですが、
この果実を口にした結果、アダムとイブの無垢は失われ、
裸を恥ずかしいと感じるようになり
局部をイチジクの葉で隠すようになります。

これを知った神は、アダムとイブを楽園から追放し、
彼らは死すべき定めを負って、生きるには厳しすぎる
環境の中で苦役をしなければならなくなるというお話です。

141222禁断の果実

「禁断の果実」というとこちらの絵が
浮かび、リンゴのイメージの方が多いと思いますが、
これは西欧のラテン語で「善悪の知識の木」の
「悪の」の部分にあたる「malus」を、同じつづりである
名詞の「リンゴ」の意味と取り違えてしまったからだと
言われています。

キリスト教徒の中には禁断の果実は
「イチジク」であると考え、これは
アダムとイブが陰部をイチジクの葉で
隠すようになったという記述からです。

さらに東欧のスラブ語圏では、禁断の果実とは
「ブドウ」であったり、「トマト」であり、
ユダヤ教の律法学者の間での伝統では、
禁断の果実を「コムギ」だったり、
「セイヨウカリン」だとしています。

そのほかにも、「ザクロ」、「キャロブ」、
「シトロン」、「ナシ」、「ダチュラ」だったりと
世界中で色々な「禁断の果実」があります。

と、いうことで使うフルーツは
基本的になんでもよいということです。

写真はキウイフルーツが
つかってあるそうです。

桜餅のような香りのズブロッカを
ベースに作るため、甘味と酸味のある
フルーツを使うと美味しいかと思います。

使う日本酒は香りを多少主張させたいので、
飲み口のすっきりした純米酒よりは
本醸造のものを使ったほうがよいでしょう。

色んなフルーツのパターンを試して、
飲む方のオリジナルの一杯をお作りください。












いつも頑張っている自分へプチ贅沢な贈り物。。。


■ズブロッカ 40度 500ml

■越乃寒梅 特別本醸造 別撰 720ml

■ボルス メロンリキュール 700ml 17度

■明治屋 マイレモン 720ml

■ドーバー カリブ<100%サトウキビ天然糖液> 700ml<100%サトウキビ天然糖液> 700ml





ブログランキング参加いたしました。
ぜひポチっとしてくださいませ。

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。